FC2ブログ
 坂元大膳隆俊、無念の討ち死に
宮城県最南部の亘理郡山元町坂元地区を訪ねたのは5月5日であった。目的は445年前にこの地に城を構えた伊達家臣坂元大膳隆俊が築いた愛宕山城である。墓参りに訪れた付近のかたに聞きながら、目的地のおおよその位置を掴んだ。
写真は国道6号線からのアングルである。目的地である愛宕山城は中央の白い建物のやや右上のあたりである。

ここは坂元町のバス停(愛宕山城からは南東部)である。付近の道路は城下町特有のクランク状を呈している。このあたりは南から攻めてくるであろう敵軍(相馬)を強く意識したものという印象を受けた。

「愛宕神社(愛宕山城跡)に行きたいのですが。」近くまで来て、田仕事をしていた農家のご夫婦に訪ねたところ、応急仮設住宅西側の脇道からのアプローチをご教示頂いた。やはりこういったややマイナーな史跡探訪には土地勘のある付近のかたへの聞き込みは不可欠という気がしている。中央の山が目指すところの愛宕山城跡である。

google航空写真で位置を確認して頂きたい。(1.5倍に拡大可能)
赤:愛宕山城跡
黄色:愛宕山城跡落城後に移された蓑首城跡(現在は坂元小学校、坂元神社)

愛宕山城と蓑首城の歴史をご覧頂きたい。(山元町教育委員会発刊の「山元町 ふるさと地名考」より転用)

1570年は伊達政宗はまだ3歳だったゆえ、父の輝宗が伊達藩主だったころである。往時は相馬との相克が激しさを増していた頃ゆえ、愛宕山城でも相馬との死闘が繰り広げられたようである。

犬を連れた付近のかたに城跡に至る道を尋ねたところ、ご親切にも入り口まで案内して頂いた。この電話会社の鉄塔が目印となる。

この立て札には愛宕山城についての概要が記されているが、本丸跡にあるものと同じものである。本丸に至る溝状の道は草木が生い茂りあまり状態が良くない。スニーカーではやや役不足ゆえ、本丸跡に行かれるかたには、長靴や編み上げ式のアドベンチャーブーツの着用をお勧めする。

非常に急峻な斜面の道を通って本丸跡に至った。周囲は鬱蒼とした木々に覆われている。何せ445年も前のこと、この大樹をしてさえ、往時のことは見てないのかも知れない。

古文書で屈強の要害と言われた愛宕山城を守り抜こうとした伊達家臣坂元大膳隆俊は相馬藩15代藩主相馬盛胤、義胤父子の猛攻を受け、討ち死にしている。

本丸跡にはこのような愛宕神社の祠が建っていた。立地から言って、訪ねてくる人もまばらという印象を受けた。

土塁?と見られるものを発見した。往時の面影がなかなか見出せない中、唯一古城跡を彷彿させるものである。

yahoo航空写真で本丸跡を確認して頂きたい。確かに急峻な斜面に囲まれてはいるものの、一見すると古文書に書いてあった屈強な城構えには思えない。大軍に包囲され、補給路を断たれれば落城に至るのも無理はないと感じた。

入り口から南側を望んでみた。坂元大膳隆俊は家臣とともに南から攻めてくるであろう相馬を必死の覚悟で見張ったのではないだろうか?

私は目を閉じて、つわものどもの怒号が響き渡った往時に思いを馳せた。如何に本分なれどいつ死んでもおかしくない。ここに、改めて侍の覚悟とは如何に厳しいものであったかのかを再認識した今回の探訪であった。
関連記事

コメント

No title

ミックさん、こんにちは。

今日はひとつひとつ知らない語句を検索しながら拝読させていただきました。
ミックさんの丹念に綴られた文章とお写真に惹きこまれ、
445年も昔に思いを少しだけ馳せることができました。
ミックさんが発見された土塁とはこのようなものとは全く知りませんでした。
坂元大膳隆俊が必死の覚悟で相馬を見張っている緊迫感等、当時のことがだんだんと迫って感じられることは
歴史、そして侍の覚悟がまだ何も分からない私にとって得難い体験でした。
貴重な記事を本当にありがとうございました。

URL | ユリコ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん
一連の相馬と伊達の戦関連の記事を通して
このあたりは本当に両者のせめぎ合いが
激しかった土地柄なんですね。
そういう意味ではここに城を構えるという
ことは相当の覚悟が必要だったのではと思います。
ナイスです。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

険しいところにあるのですね。地元の人に聞かないと分かりにくそうです。案内していただけて良かったですね。
高いところは、見張るのにはいいけれど、包囲されると怖いですね。
眺めは良かったですか~

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史的な遺産が消えてしまうのは惜しいことですね。
地形的にも、この祠まで訪ねてくる人は少ないでしょうね・・・
地元の方々の案内や触れ合いのもとに訪れられたミックさんを
伊達家の方々は、きっと歓迎された事でしょう。

築城も、維持するのも難儀なことであったろうと想像します。
いにしえの人の、矜持や信念の強さが伺える気がしました。

URL | シャーロック2013 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
落城後にすぐに造られた蓑首城に伊達の只ならぬ心情を感じております。
歴史探訪をこうしたシリーズで巡ることによって肌で感じられるものは極めて大きいと受け止めております。
貴兄に於かれましては、追い風になるお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
往時の伊達事情を考察するに、居城は米沢(山形県南部)ゆえ、相馬に比して地の利がなかった?とも受け止めております。
秀吉の奥州仕置で岩出山に移ったのが1591年、家康の許可を得て仙台に移ったのが1600年、ゆえに伊達、相馬の相克を考察に及ぶのならば、その辺の背景を見定めることが肝要と心得ます。

本城の米沢からは遠距離ゆえ、兵糧や鉄砲の弾薬などの調達は何かと大変だったと察しております。貴兄に於かれましては、毎度の高察を賜り大変感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
昨今某の歴史探訪がかなりマイナーなものにまで及んでおりますが、返す返すも歴史探訪は己の中のモチベーション低下との戦いと受け止めております。
それゆえ、こうしてご自身から大いなるモチベーションを頂戴し、大変感謝しております。

こうしたマイナーなものには現地聞き取りは不可欠とも感じる昨今にごさいます。ご配慮、身に浸みております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ユリコさん
マイナーな記事へ感想をお寄せ頂き感謝しております。大テーマは「伊達と相馬の相克」にごさいますが、枝葉とも言える一つ一つの合戦を見つめながら、大局を見失うことなく群雄割拠の乱世に於ける両藩の立場を理解したいと考えています。

ご自身に於かれましては返す返すも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
往時の伊達の本城は米沢ゆえ、相馬に比べて地の利がなかったと受け止めております。
それゆえ、本城を仙台に構えての戦いとはまったく意義の異なる合戦と捉えております。
貴兄に於かれましては、いつも暖かいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
ご質問にお答え致します。眺望に於いて今は崖を下って南側が開ける程度です。
古城を多く訪ね歩き考察に及べば、恐らく当時は敵に潜まれるのを恐れ、多くの木々が伐採され見通しは良かったのでは?と察しております。
敵将自らが出陣したところにこの戦に賭ける只ならぬ相馬の意気込みを感じました。ご自身に於かれましてはいつも格別なお引き立てを頂き大変感謝しております。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> シャーロックさん
この合戦のシチュエーションを考察するに、坂元大膳隆俊は水攻めも受けたと聞き及び、恐らく相馬の大軍?に囲まれたのではと受け止めております。
さぞかし無念の討ち死にと察しておりますが、その無念の遺志を嫡男が引き継ぎ、近傍に蓑首城を築造したものと捉えております。

ご自身に於かれましてはありがたいお言葉を頂戴し感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
今朝のニュースで宮城県で震度5の地震が
あったようですが、ミック様のお住まいでは
大丈夫でしたでしょうか?
ネパールでもですが、国内でも箱根を筆頭に
あちこちで大きな災害が起こりそうで怖いです。
ブログの内容とは関係ないコメントですみません
心配だったので。。。。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは

この地において 坂本大膳氏が討ち死にをされたのですね。
相馬藩との最前線だったのでしょうね。
毎日が気の休まらない日々だったでしょうね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

内緒投稿さん、こちらこそお世話になっております。何卒今後とも宜しくお引き回しのほどお願い申し上げます。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> まゆさん
震度3ゆえ、なにも変わったことはございませんでした。お気遣いを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
1570年代は相馬が押し気味だったと受け止めております。伊達が盛り返してくるのは1580年代からで81年の佐藤為信の寝返りが大きく響いたと捉えております。
往時は伊達の本城が米沢だったゆえ、この辺りはやや手薄だったと存じます。
コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

あまり観光地化されていない、城跡とか古戦場は、そこに立つと、当時の情景がよみがえってくることがありますね…。。。特に貴兄は、成り切りが堪能ですので、さぞや当時の情景を思い浮かべられたのではないかと思います…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは、

今日も、ミックさんならではの、現地査察と歴史の合体記事に接することが出来、立体的に理解する手助けとなりました。
激しい戦いが眼前に展開するような気にさせてくれます。
外に出る研究者ならわですね。
今日もミック流歴史紀行に触れることができ感謝です。

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
仰せの通り、創作に於いて「成り切り」は不可欠であり、モチベーションダウンという懸念に対抗し得る大きな武器と捉えております。
独り相撲に見える向きもあると察しておりますが、貴兄には殊のほか真摯な感想をお寄せ頂き感謝しております。
おかげ様でモチベーションキープに繋がる追い風を頂戴し感謝しております。
本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
郷土史研究の先賢であられます貴兄からこのようなお言葉を頂戴し恐縮しております。
好きこそものの上手なれを地で行きたい昨今の某にごさいます。
貴兄の激励の言葉がどれだけモチベーションアップに繋がるのか計り知れないものを感じています。
返す返すも真心のこもったお言葉、深く身に浸みております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)